2012年11月

MOJI art展 in 新潟

2012年11月28日

“MOJI art展” 

   2012年11/17(土)17:30~21:00  18(日)10:30~19:00

     べじたぶる懐石料理教室 渡部   

                    《新潟市中央区女池4-34-21》

 

MOJI art Donation

   MOJI artは、日本語の「漢字」をデザインしたもので

 「漢字」のなかに「ひらがな」が隠れており

 漢字本来の持つ意味とは別にひらがなのメッセージが

 込められているユニークな作品です。

 

  アーティストの浦上秀樹氏は、ミオパチーという

筋肉が減少してゆく進行性の病気で、

MOJI art を 筆を口に加えて描いています。

来年4月にバンクーバーで開催される「桜祭り」では

浦上氏自信が参加してMOJI artの展示を致します。

 

  MOJI artの基金の目的は、国際色豊かなバンクーバーで

日本語文化を発信する「MOJI art」を

より多くの方に広めてゆく為の基金です。

             感謝を込めて

           Art & Eat Japan   art@koyano.co.jp

    

 

    

 

◇ 当日のVege スィーツ

 〔Drink Menu〕

  <ごぼう茶、ハーブTea、三年番茶>

Vege スィーツ盛り合わせ

 

〔かぼちゃのまるごとVegeまんじゅう〕

  <100%野菜で生地を作った蒸しまんじゅう

     表面のツルンとした薄皮は片栗粉をまぶすことで生まれます>

〔よもぎ白玉団子のシロップかけ〕

  <白玉団子をシロップがけで あっさりとした食感>

〔りんごのキャラメルケーキ〕

  <焼きリンゴの香りのケーキ>

〔おからのガトーショコラ〕

  <小麦粉の代わりにおからを使用 繊維たっぷりで美味しくて

          体にやさしいケーキ>

〔キノコと大豆ペーストのリエット & グリーンピースのスプレッド〕

  <野菜度 100%の塗るサプリ! パンによく合う、野菜スプレッド>

 

◇ 浦上 秀樹 “MOJI art 展” in 新潟

     お陰様で 無事終了しました。

   大勢の方にご来場いただきまして、ありがとうございました。

   スタッフ一同 感謝申し上げます。

  <縁の下の力持ち チーム>

     平片 由利子さん、上田 郁子さん、小林 則子さん、

     川口 孝子さん、清野 知恵さん、関屋 由貴子さん

     関屋 宏樹さん 他 皆様素晴らしいチームワークでした。

     そして 〔ART & EAT JAPAN〕 の 小谷野慶子さん

     展示会のプロデュースに感謝です。

 

       そして素晴らしい作品を生み出し続けている

     浦上 秀樹さん ありがとうございました。

     MOJI artは、皆様の心をあたためてくださいました。

     MOJI art の輪が 必要な方に つながりますように。

     これからも宜しくお願い致します。

                   <スタッフ 一同>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆12月度 Vege懐石

2012年11月3日

 

普段は落ち着いて読経する師僧も走り回るほど

多忙である月という「師走」

大掃除にクリスマスやお正月の準備など慌ただしい

ながらも、活気のある一年の締めくくりの月ですね。

 

お正月のご馳走。「おせち」を形にとらわれず

楽しんでみませんか !

晴の日の器使いや、お正月の凛とした空気を

呼ぶ心遣いも大切ですね。

新年のお客さまのおもてなしに如何でしょうか。

 

1. <口取り>    若草 きんとん

白味噌で和菓子のように仕上げた若草きんとんは、

初春にピッタリですね。

 

2. <酢の物>   紅白 なます

かぶと干し杏の紅白なますで、まろやかな“酢の物”です

3. <煮 物>    根菜 昆布

れんこん、ごぼうを昆布と一緒に濃厚な味に煮たもの。

箸休めにおすすめです

4. <蒸し物>    野菜だけの 蒸し餃子

花びら餅のような餃子は具をつくりおきして、サッと包んで

蒸してお出しするお腹に優しい一品です。

5. <揚げ物>    ごぼうの フライ すだち添え

おせちには欠かせないごぼうは、フライにして、

塩味ですだちを絞ればすっきりおいしい。

6. <焼き物>    焼き大根餅 和風バーベキューソース

点心の大根餅、生の大根だけでなく切り干し大根を

入れるのが“みそ”!素朴な美味しさが誰もが虜になります。

7. <椀 物>     干し椎茸と生姜の 餅椀

もち米は古来神様に捧げるものとされ、それをついた

お餅を使った料理は、お正月一番のごちそうです。

 

8. <ご飯物>    一口 手まり寿司

すし飯におせちのなますと、根菜昆布のごぼうをのせて

ラップで包みました。

 

 『ごぼう茶 について

   ※なぜごぼうが良いのか ! 〔南雲吉則医学博士の資料より〕

      ごぼうは土の中という 過酷な環境の中で生育しています。

    微生物や細菌などがある、その中で育つために

    “防菌 防虫 効果”があります。

      それが創傷、治癒 効果と言って、傷がついても泥の中

   で腐らずに、生きています。その成分が抗酸化作用として

   健康に体内で要らない油を分解して排出してくれます。

 

<その成分は>

  ① サポニン=シャボンと同じ(ポリフェノールの一種)

        油と結びついて、高脂血症や高血糖から身体を

       守ってくれます。又 朝鮮人参(万能薬と言われている)

       と同じ効果の ジンセロイドが、滋養、強壮作用、

       免疫パワー、若返り、ダイエットに 効果があります。

  ② イヌリン というもう一つの栄養素

        これは枯れた大地の中から水分をとって

      育っていくために必要なもので、”吸水ポリマー”

      ⇒無駄な水分を吸ってくれる働きがあります。離尿作用

      足や顔のむくみを取ってくれ、冷えの解消にもなって

      体中に入ると力強い味方になってくれます。

 

    若々しい健康な身体のために、 ごぼう茶を飲んでください。

 

11月度 「Vege懐石」の食材より

2012年11月2日

☆ キヌア(Quinua) ⇒アンデスのスーパー穀物

原産地:アンデス

ほうれん草(原産国)とおなじアカザ科の植物。

アンデスの高原で自然の恵みをいっぱい受けて育った

キヌアは、蛋白質、食物繊維を含み、鉄分、カリウム、

マグネシウムをたっぷり含んだ穀物です。

原産国では、スープにそのまま入れたり、オリーブオイルで

炒めたり、パンに練り込んだりして、毎日の食卓で

食べられています。

アンデスでは標高が2,000M以上で栽培され、

「母なる穀物」として、大切に食べ継がれてきました。

キヌア  精白米
           蛋白質  12.3g  6.1
          脂肪  5.2g  0.9
         ナトリウム  2.1g  1.0g
         鉄  15.1mg  0.8mg
         Ca  27.7mg  5mg
         食物繊維  8.0mg  0.5mg

 

☆ 米 (こめ) paddy rice grain  :(水稲 穀粒)

イネ科。米には、短粒で粘り気の多い “ジャポニカ 種”、

長粒で粘り気が少ない“インディカ 種”、粒が大きい

“ジャパニカ 種” 等がある。世界で栽培される米の

約80%は“インディカ 種”だが、日本で栽培されるのは

“ジャポニカ 種”で、現在 300種が栽培されている。

又栽培法からは、水田で作る水稲と畑で作る陸稲

(おかぼ)に分けられる。

<玄 米>

1C=165g。 玄米からぬか層と胚芽を除いて

胚乳だけにすることを搗精(とうせい)と言い

(精米、精白)、玄米100から得られる精米の量を

歩留まりという。

<精白米>

1C=170g。 ぬか層や胚芽を完全に取り除いたもの。

玄米と比べると、ビタミンや無機質が、かなり少ない。

<胚芽精米>      1C=170g。

玄米からぬか層のみを取り除いて胚芽を

80%以上残したもの。ビタミン B1 が豊富。

〔赤米・黒米・香り米・ワイルドライス〕

<赤米>

日本に初めて伝わった うるち米 のルーツ。

栄養価も白米に比べて高く、タンパク質、各種ビタミン、

無機質(ミネラル)が豊富。

<黒米>

ぬか層に紫黒系色素=アントシアンを含む。

もち米のルーツと言われる。タンパク質、ビタミンB群、 ナイアシン、

ビタミンE、鉄分、カルシウム、マグネシウム等が 豊富で

栄養価が高い。滋養強壮作用や造血作用が あるとされ、

薬米とも呼ばれる。薬膳料理にも用いられる。

<香り米>

におい米、麝香(じゃこう)米等とも呼ばれ、古くから

香りの良い米として珍重された。

江戸時代には、諸国の大名が好んで食したと言われる。

普通の米に香り米を3%~10%を混ぜて炊飯すると、

ポップコーンのような香りがする。

<ワイルドライス>

正確にはイネ科マコモ属の寒冷地植物。

水深30cm~300cmの所に自生し、穀粒は直径2mm、

長さ15mmほど。北米大陸のネイテブインディアンが

食べるのを見て、白人が野生の米“ワイルドライス”と

名付けた。タンパク質、食物繊維、ビタミンB2、

葉酸が豊富で、近年になって栄養に富む健康食品

として評価されるようになった。

香ばしい香りともっちりとした食感で、米に混ぜて炊いたり、

スープの具、料理の付け合せ等に利用する。

  • カレンダー

    2012年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最新情報

  • アーカイブ