2012年12月

01月度 Vege懐石 「初春の 薬膳プレート」

2012年12月16日

〔おかゆ〕【1】 松の実の 薬膳おかゆ 

            弱った胃腸をみるみる回復させてくれます。

            くこの実をのせていただきます。

〔炊く〕  【2】 野菜の ごまたっぷり 鍋

           栄養豊富なごまを、たっぷり入れた、コクのある野菜鍋。

           野菜のエキスがタップリ汁です。

〔蒸す〕  【3】 高野豆腐のシュウマイ  

            たくあんがスパイス役になっています。

【4】 水菜の 柚子こしょう和え 

        薬味の柚子こしょうをドレッシングにして、

        ピリッと辛いソースで和えました。

 〔揚げる〕  【5】 銀杏とさつま芋の 飛龍頭 

            甘くてホクホクしたふんわりがんも。

                                    手作りならではの味です。

 

 〔煮る〕  【6】 根菜の バルサミコ酢煮 

           バルサミコ酢と醤油で深みのある滋味深い

           味わいです。

【7】 揚げ餅の 酒かす甘辛醤油和え  

        話題の酒かすをお餅に絡めてみました。

 

【8】 長ネギとオレンジの デザート 

        ネギがおしゃれなデザートに変身

        オレンジとの組み合わせでフルーティな

        スィーツです。

  ☆ 01月度Vege懐石の食材より

      ・松の 実  ・長 葱  ・木 耳(きくらげ)

        ・ 松の 実: 松かさの中の種が落ちたもので、

           1cm程の涙型をしている。

           中国や韓国では、古くから「仙人の霊薬」

           と言われ料理やお菓子に用いられてきた

          蛋白質、カリウム、マグネシウム、亜鉛、

          ビタミン E が豊富

・ 長  葱: ① 根深 葱(別名:白 葱)ユリ科の植物

            刺激臭と辛味は “硫化アリル” によるもので、

            消化液の分泌を促し、食欲を増す。

            代表品種は 加賀葱(石川県)、千住葱(東京都)

            下仁田葱(群馬県)、赤葱(茨城県)など。

        ② 葉 葱(別名:青 葱)

             代表品種は 京都が発祥の 九条ねぎ

        ③ 小 葱  一本葱を 若取りしたもの

             博多万能ねぎは小葱を

             ブランド商品化したもの

・ 木   耳: 天然物は 北方の桑や 柳の枯木 に発生する。

          “カリウム”、“鉄”、“食物繊維”が、豊富。

          形が人間の耳に似ていることから、

          木耳と書くが、寒天質で歯ざわり

          (にかわ質)が、クラゲに

          似ていることから、木水母(キクラゲ)と

          書くこともある。

・ れんこん:   蓮の地下茎で池や沼で栽培する

           (水中で酸素を運ぶための穴があいた)。

           “ビタミン C” が豊富、粘りの成分 “ムチン”が

           胃の粘膜を守る。乳酸菌(ポリフェノール)と

           一緒に摂ることで、花粉症を改善してくれることが

           わかってきました。

 ・ 酒粕の効能について:

          酒粕には次のような効能があります。料理以外の使い方も

         あるので試してみては如何でしょうか。

            がんに対する抵抗作用

                血液中にはナチュラルキラー細胞(NK細胞)というリンパ球の

                一種が存在し、これががん細胞と正常な細胞とを見分け、

                ガンだけを殺す働きをします。酒粕にはこのNK細胞を

                活性化する作用があります。

                このことは酒粕がガンになりにくい体質づくりに役立つ可能性を

                示しております。

 

            血管拡張を促す作用

                日本酒の成分中には、RNA由来のアデノイシン(核酸の一種で、

                血管の拡張を促します)の他にDNA由来のデオキシアデノシンが

                大量に含まれれることがわかっています。血管は強い驚きや

                心配事、寝不足などのストレスはもちろん、肩こり、冷え性、

                偏頭痛などの改善効果が期待できるとされています。

 

            美肌 効果

                酒粕は保温と保湿に優れ、入浴剤としてお風呂に入れれば肌の

                乾燥が改善され、身体も温まります。その上、皮膚の表面温度を

               上げて毛穴を開く働きがありますから、老廃物を取り除き皮膚が

               毛穴に詰まるのを防ぎます。新陳代謝が活発になるので

               新しい皮膚細胞が次々と生まれ、吹き出物やアトピー性皮膚炎

               などにも良い効果が出ているようです。

 

            酒粕 パック

               板粕か踏粕を用意し、水を加えてよく混ぜ、少量の小麦粉で

               適度なやわらかさに調整、酒粕の粒がなくなったら出来上がりで

               す顔をよく洗ってからぬり、10分おきます。湯船につかりながら

               行うと効果が倍増、5分もしないうちに毛穴が開き汗が噴き出す

               人もおります。洗い流し、匂いが気になる場合は石鹸で洗顔しても

               よいでしょう。酒粕の有効成分がしっかりと浸透し、

               冬の乾燥に負けない、若々しい肌を保つことができるはずです。

 

  • カレンダー

    2012年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 最新情報

  • アーカイブ