2013年4月

5月度Vege懐石

2013年4月5日

5月度 Vege懐石 “春から夏へ”の野菜を楽しむ ご飯

・5月 2日  :  八十八夜 立春から数えて 八十八日目

・5月 5日  :  たんご 「端午」

5節句の一つ。邪気を祓うために、菖蒲やヨモギを軒にさす。

(これによって「菖蒲の節句」とも呼びます)

「端午の節句」

田植え前の豊作祈願がルーツ。

武家時代から男児の節句に。

旧暦では雨季にあたる、5月5日。

この日に行う端午の節句は、古代中国の、豊作を祈る行事が

起源になっているとされる。[田植えに従事する女性 “早乙女”

が、邪気を祓うとされる菖蒲やヨモギで作った小屋にひと晩

こもる。そうすることことで、新たに植える苗が、清らかで

生命力強く育つよう祈願したのです」

カビなどによる病気予防祈願にも発展し、一般庶民の間にも

浸透した。

「菖蒲やヨモギで屋根を葺いたり、風呂に入れて薬湯にして

浸かったり。 ヨモギは薬草として、餅に混ぜて食べる風習も

生まれました」

菖蒲が“尚武”に通じるとして、男児の成長を願う行事に

変わったのは、武家の文化が根付いた鎌倉時代以降。

「子供が病気などで死亡することも少なくなかった時代。

跡取りが元気に育つよう、鯉のぼり武者人形

飾る習わしが取り入れられたのもこの頃です」

① 筍と春野菜の 梅サラダ

1. 筍と春野菜の 梅サラダ

掘りたての筍を味わうのは、春の一瞬だけ。茹でたての

美味しさは、格別です。ぜひ茹でるところから始めてみて下さい。

オリーブオイルで筍が絶品のサラダに。

梅ドレッシングが、さっぱりで美味しいです。

② たらの芽と うどの春巻き

2. たらの芽と うどの春巻き

春巻の皮に包んで揚げることで、山菜特有の香りを

封じ込めることができます。クレソンやせりもお薦めです。

③ 温 かやくそば

3. 温 かやくそば

油物を少し食べ過ぎたかなという時は、脂肪を排出する

働きがある、椎茸たっぷりのメニューが強い味方に。

温かいお蕎麦が体へのご馳走です。

④ 絹さやと人参の 寄せ豆腐

4. 絹さやと人参の 寄せ豆腐

絹さやがたっぷりの寄せ豆腐は、彩りも美しく、

冷めても美味しい惣菜なので、おもてなしや

お弁当にお薦めです。

⑤ クレソンの 和えもの

5. クレソンの和えもの

さっとカンタン下拵えで出来る和えもの。

⑥-2 浮 島

6. 浮 島

抹茶とココアで和洋折衷みたいな和菓子。

やさしい甘さと口溶けで、とても美味しいです。

 

05月度Vege懐石の食材より

〔クレソン〕

“水からし”とも呼びます。若い茎、葉を食用。

香りがよく、少し辛味がある。山地の浅い清流に自生するが

栽培もされる。春先が旬。カロチン、Ca,カリウムなどが多い。

肉の付け合せ、和えもの、ひたし、天ぷらなど。

クレソンの代わりに、せり、又は、わさびの茎で代用もできます。

小川などの水中で育つ・・・・水せり

水田で栽培される・・・・・・・・田ぜり

田のあぜで育つ・・・・・・・・野ぜり

(10月~4月頃出回る)

アクが特長なので、茹でて、おひたし、ごま和え など

 

〔たらの芽〕

各地の山野に自生する たらの木の若芽。

葉の開く前の 4~5月に出る第一芽を根元から

摘んで食用にする。

春の香りのする山菜の代表である。

若芽の長さは、5~10cm程で、ずんぐり太い。

味に癖がなく、香りと舌ざわりが良い。

香りがうどに似ていることから“うどもどき”とも呼ぶ。

カリウム、Ca、カロチンが多い。

  • カレンダー

    2013年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最新情報

  • アーカイブ