2013年12月

1月度 Vege懐石

2013年12月6日

玄米粥の プレート〕   2013・12・07

 

① 麦と干し椎茸の 玄米粥

【1】 麦と干し椎茸の 玄米粥

歯ごたえのある押し麦を加えて、お粥に仕立てて

一日のエネルギーを、チャージしましょう。

 

② ゆり根と海草の おすまし

【2】 ゆり根と海草の おすまし

ゆり根は冬が旬。ホクホクして、ほろ辛いのが食味の特徴。

サッと蒸し煮して、椀だねに しました。

 

③ 青菜の みぞれ和え

【3】 青菜の みぞれ和え

大根おろしを加熱して冷まして、野菜と和えると、

大根臭さがなくて、とても食べやすい おひたしになります。

 

④ かき和え なます

【4】 かき和えなます

8種類以上の材料を下ゆでして、薄い甘酢と白ねりごまで

合えたもの。

キャベツ、もやし、れんこん、こんにゃく、きゅうり、

針生姜、焼き麩、菊、かぶ、椎茸の甘煮 など

     法事など精進料理には欠かせない料理。

 

⑤ 茶巾豆腐の あんかけ

【5】 茶巾豆腐の あんかけ

枝豆や人参、きくらげ入りの豆腐に、葛でとろみをつけた

あんをかけて、ひと手間かけた一品は、おもてなしに ピッタリ。

枝豆の代わりに銀杏も いいですね。

 

⑥ 車麩のベニエ 大根の柔らか煮

【6】 車麩のベニエ 大根柔らか煮

柔らかくほっくりと煮えた大根と、車麩の揚げ物がジューシーで、

玉ねぎのソースをつけて食べると、なんともおいしい !

 

⑦ 白菜と人参の 甘酒辛子漬け

【7】 白菜と人参の 甘酒辛子漬け

甘いマリネ液の新鮮な味覚が、洋辛子でアクセントに。

かぶ、大根、れんこん、きゅうり、カリフラワーなども OK

 

⑧ りんご 羮(かん)

【8】 りんご 羹(かん)

透明感のあるきれいなピンク色は、りんごの皮だけで出した自然色。

冷やして、型抜きで、デザートに添えてみましょう。

 

 

1 月度Vege懐石の 食 材 より

〔全粒穀物〕

  美しく健康的な肌を保つための栄養バランスをよく含んでいます。

全粒穀物は透明な膜に覆われていて、その外皮は特にビタミン、ミネラル

脂肪、たんぱく質を豊富に含んでいます。これらが肌を丈夫にし、

滑らかで柔らかな状態にしてくれるのです。

  しかし穀物を精白してしまうと、これらの栄養素は失われ、

肌に必要な栄養がゆき届かなくなります。

  つまり外側の皮が私たちの皮膚を養っているのです。

玄米と野菜と海草の入った“粥”で美髪にも効果的なレシピです。

 

〔寒天〕

“天草”は寒天用の原藻を総称した名である。

加工して寒天や ところてん として利用するが、生食はしない。

 

ところ天は、原藻を煮溶かし、ろ過した液を箱に入れて 流し固めたもの。

 

角寒天は、ところ天を棒状に切り、凍結させた後に、解凍し更に乾燥させた

もの。これらの工程が自然条件の下でできる、長野県諏訪地方などが産地。

 

糸寒天は、寒天つきでついて、乾燥させたもの。

ミネラルや食物繊維が多く含まれる。

 

〔甘酒〕

ご飯やお粥に米こうじを混ぜて保温し、米のでんぷんを糖化させた、

アルコールをほとんど含まない、甘い飲み物。

昔から庶民の手づくりの甘味飲料として親しまれ、一夜酒とも呼ばれた。

 

アミノ酸、ビタミン など、点滴のような栄養成分が含まれており、

体力が落ちる夏場の飲み物として、江戸時代から庶民の間で

飲まれていた。

甘酒の季語は夏といわれ、体力回復に役立てていたもの。

デザートや漬物に活用方法は沢山あります。

 

 

  • カレンダー

    2013年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最新情報

  • アーカイブ