2016年11月

12月度 Vege懐石

2016年11月6日

 

  〔Vege de おせち〕   2016・11・06(日)

  おせちの一品一品には、家族の幸せと、健康を

願う意味が込められています。

おせちは日本人にとって一番の 「ごちそう」。

日常使っている食材に、ちょっとおしゃれをさせて

現代人の味覚や、食のスタイルに合わせた

家族が喜ぶ“おせち”を 作りましょう。

   ★ 今月のメニュー

【1】 色野菜の 押し寿司 

紫色の野菜には、アントシアニンが入っています。

抗酸化作用があり、様々な病気の予防パワーを持っています。

初冬になると、カラフルの“かぶ”や、“大根”が野菜売り場に並びます。

軽く塩をふって、押し寿司にしましょう。

 

【2】 たたきごぼう クルミ衣 

地中深く根を張るごぼうに、「根気強く頑張れるように」と

願いを込めて、いただきます。

香ばしいクルミ衣が、甘酸っぱくて 美味しい。

 

【3】 若草 きんとん 

さつま芋に、ほのかな白味噌の味と抹茶で、

和菓子のように仕上げました。

 

【4】 花 豆 

「豆」はマメに働けますように、マメになりますようにと

願っていただきます。

 

【5】 ゆず 釜蒸し  

ゆずの中身はくりぬき、ぽん酢に活用。

ゆずを器にして、中身はたっぷりの湯葉としめじと青菜で。

5分ほど蒸して、温かいところをぽん酢をかけていただきます。

 

【6】 里芋 柚子コショウのせ 

新潟県の五泉という地域で収穫される“帛乙女”という里芋を

使っての、シンプルな一品。

皮つきで蒸し煮して、柚子コショウとオリーブオイルでいただきます。

 

【7】 がごめ昆布の 松前漬け   (粘りの昆布)

がごめ昆布の強いネバネバの正体は、海藻由来の優れた

食物繊維。人参、生姜で松前漬け風に。

 

【8】 車麩の 甘辛揚げ煮 

もちもちで味がしっかり染み込んだ、ごはんに合う一品。

 

【9】 お 雑煮 

その家のお雑煮は、おふくろの味 !

今回は茹でたお餅(煮餅)を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • カレンダー

    2016年11月
    « 10月   12月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 最新情報

  • アーカイブ