「筍」 について

2012年4月25日

「筍」

旬はもちろん春。

朝掘ったら、”その日のうちに食べろ”と言われるぐらい鮮度が大切。

選び方は、穂先が黄色で、外皮の色艶のよいもの。

栄養的には、ビタミン B1 が比較的に多い程度。

独特のうまみは、チロシン、アスパラギンなどの成分によるもの。

苦味やえぐみの主原因は、ホモゲンチジン酸でこの成分は、掘った瞬間から増えていく。

掘りたてのものは、生でも食べられるが、そうでないものは 茹でてアクを除いてから

料理する。

☆種類としては、

まず 孟宗竹:最も大型の筍で、各地で栽培されるが、中でも京都の山城筍が有名。

淡竹、根曲がり竹、真竹などの種類がある。

”雨後の筍”と言うう言葉があるように、旬が短いので、季節感を味わいましょう。

 

 

 

  • カレンダー

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最新情報

  • アーカイブ