茄子について

2012年6月11日

☆ 茄子  7月度のVege懐石 ヨリ

英語名は egg plant 原産地はインドの東部地方 日本へは中国より渡来し、奈良時代

には栽培されていました。 1200年の歴史を持つだけあり、バライティにとんだ品種が

生まれ、 地方によってかなりの種類があります。

関東ではやや小型の卵型、関西では、長卵形、西日本では長ナス。

九州では大長ナス。北陸・京都の丸ナス、山形の小丸なども有名です。

丸ナスとしては、他に京都の賀茂ナス(京 野菜)は、 日本で一番大きなナスで、

直径15cmもあり、つくり方によっては 重さ1kg近くにもなります。

「ナスの女王」的存在。盛夏、祇園祭の頃に最盛期を迎えます。

・『ナス』は、 独特の紫から「ナス紺」という言葉もあります。 これは、

アントシアニンのナスニンという色素によるものです。 鉄やアルミニュームなどの

金属と反応すると鮮やかな黒紫色になり、 漬物にするときは、ミョウバンや

古釘を入れるのはこのためです。

「一富士、二鷹、三茄子」 「秋茄子は嫁に食わすな」など諺の多くからも

日本人が親しんできた茄子です。

茄子は、生で食べてもよし、煮たり、焼いたり、蒸しても、 それぞれ

美味しいですが、エスニック風スパイシーな味も、 如何でしょうか!

  • カレンダー

    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最新情報

  • アーカイブ